女性であれば、まつげの長さや美しさは気になるものです。
エクステやマスカラで長さを伸ばしても、元のまつげの質が悪ければ、メイクの仕上がりもいまいちになってしまいますよね。
最近ではまつげファイバーも進化して、より手軽にボリュームのあるまつげが作れるようになってきましたが、私は自まつげで勝負!という方は、ご自身の状態に合わせて美容液か育毛剤を使用することをオススメします。

まつげ美容液とは?

まつげ美容液は化粧品のひとつです。
こちらは、現在生えているまつげにアプローチするもので、ヘアトニックやトリートメントのような存在です。

ダメージからまつげを守るための保湿成分をはじめ、オタネニンジンエキス、アセチルデカペプチド-3などを配合しており、まつげのコシやツヤを高める効果が期待できます。
また、まつげは、落ちにくいアイメイクや、それを落とすためのクレンジングによりダメージを受けやすいものです。
まつげ美容液はそれらのダメージを和らげ、抜け毛の予防にも効果的だといわれています。

まつげ育毛剤とは?

まつげ育毛剤は、クリニックや病院で処方される医薬品です。
一般的に育毛剤と呼ばれているものは、薬事法で定められた医薬部外品・医薬品に分類されるものです。

まつげをつくる器官である「毛包」にはたらきかけることで、生え変わるサイクルを延ばし、これから生えてくるまつげの長さや太さを改善するという作用があります。まつげ育毛剤と呼ばれていますが、正しくは睫毛(しょうもう)や貧毛症(まつげが細い少ない)を治療するための薬です。

国内で使用されているものは、厚生労働省から承認を受けたグラッシュビスタ(ビマトプロスト)というものです。
医療用医薬品ですから、ドクターの診断のもと処方されます。使用方法は、専用のアプリケーターで1日1回、上まつげの生え際に塗ります。有効成分が毛包に届くことで育毛促進が期待できますが、毛包が発毛可能でないと効果が現れないこともあります。

美容液と育毛剤 どちらを選べばいい?

■自分のまつげが人並みにある

⇒まつげ美容液をオススメします。
今あるまつげを元気に太く健康的な状態戻すことで、描いているイメージに近づくのではないでしょうか?
また、市販されている商品ですので、入手が容易です。
それに育毛剤に使用されている成分も入っているものが多いので、眠っていた毛包を刺激し、新しまつげの生やす効果も期待できます。

■自分のまつげが薄いが、人並み以上にボリュームを出したい

⇒まつげ育毛剤をオススメします。
毛包を刺激し、0を1にするのが育毛剤です。
入手にはクリニックや病院へ行く手間とお金がかかりますが、アメリカ食品医薬品局 (FDA)や厚生省で認可されている「ビマトプロスト」という成分が入った医薬品の効果は、発毛において大きな効果が期待できます。

オススメの商品

■オススメのまつげ美容液

・リバイタラッシュ

アメリカの眼科医がまつげ美容液を開発し、海外セレブや日本のトップモデルも愛用する商品でまたたく間に世界的なヒット商品となりました。リバイタラッシュは、従来品よりもまつげの伸びや増えるのを早く実感できるよう改良された新バージョンです。植物エキスやペプチドを組み合わせ、まつげの美しさと健康を考えて作られました。
使い方も簡単で、1日1回、毎日就寝前に、アイラインを引く要領でまつげの際に塗布するだけです。 長く、太く、ボリューム感のあるまつげを目指したい方に推奨する商品です。

■オススメのまつげ育毛剤

基本的な成分は同じで、「ビマトプロスト」を主成分としています。容量や値段、入手方法によって選択するのが良いでしょう!

・クラッシュビスタ

国内で処方される医薬品のほとんどはこれではないでしょうか?ビマトプロストはまつげの毛包に対して作用し、その成長期を長くすることで効果を発揮すると考えられています。

但し価格が高く、下記に紹介する商品を海外通販で個人輸入している人が多いようです。

・ケアプロスト

ケアプロストは、緑内障・高眼圧症、および睫毛貧毛症に用いる薬です。日本国内で承認されているグラッシュビスタ外用液剤、ルミガン点眼液と同一の有効成分であるビマトプロストを含有しています。
眼内の圧力を下げ緑内障の治療に使用するほか、まつげの成長(長さ、豊かさ、色の濃さ)を促進することでまつげ全体の印象を改善します。ケアプロストの有効成分であるビマトプロストは、体内の生理的な物質であるプロスタグランジンの誘導体です。眼球を満たす液体である房水の流出を促進させることで、眼圧を下げ、緑内障における視野の悪化を抑えます。また、まつげの毛包に作用し、毛周期における成長期を延長させます。

・ルミガン

アラガン社のルミガンソルーション(LumiganOphthalmicSolution)は、米国FDA(アメリカの厚生労働省に相当)に認可された緑内障治療点眼液で、ビマトプロストを主成分としています。

・モデルアイズ

MODELEYES ModeLash(モデルアイズ・モデラッシュ)は、眼科領域の知見にあふれる米国Samson Pharmaceutical Inc.により開発されたまつげ育毛専用薬です。美容外科で処方されているグラッシュビスタ外用液剤と同じ有効成分のビマトプロストを含有しています。

まつげ美容液、育毛剤の使用方法

薬剤師の方が説明している動画が分かりやすいので、紹介します

まつげ美容液、育毛剤の副作用

目の充血やかゆみ、眼球に触れてしまった場合は色の変化。液が皮膚につくとシミになる可能性があります。特に育毛剤は医薬品指定されているように、効果は大きく期待できますが、副作用は美容液に比べると大きくなります。

>>頭髪のAGA治療に効果的な成分とは?